リウマチよもやま話

米タイム誌が贈る2020年100人
アナイス ミッチェル
アメリカのシンガーソングライター著者
カントリーソングを歌う。
米タイム誌が選ぶ100人2020年
アユシュマン キューラーナ
インドの俳優

たくさんの映画賞をとっている。男性の機能不全を演じることが多いのが特徴。
米タイム誌が選ぶ100人2020年
jojo siwa
ジョジョ シワ
アメリカの YouTube パーソナリティ。

子供向け動画配信。
米タイム誌が贈る2020年の100人
マイケルジョーダン
俳優。

フルートベール駅、ブラックパンサー、ロッキーなど、卓越した作品に恵まれる。約束された未来。
米タイム誌が贈る 100人2020年
ダッパーダン
スタイリスト

故郷のハーレム(ニューヨークの貧民街)にGucci(グッチイタリアのブランド)の旗艦店を開かせてもらう。
米タイム誌が贈る2020年100人
ジェイ バルビン
ラテンポップのプリンス🤴

コロナ時代にラテンで人を癒す。

2016年に Pharrell Williams、BIA、Sky をフィーチャーした "Safari" をスペイン語圏だけでなくアメリカのラテンチャートでもヒットさせた J. バルヴィンは、コロンビアのメデジンに生まれ、アメリカで英語や音楽を学んだ経歴を持つシンガー。アッパーでポップなダンスチューンというレゲトンならではの特徴を生かしつつも、物質主義、快楽主義的な歌詞を直接的な表現で歌うことが多い従来のレゲトンとは一線を画す、スムーズでソフトなアプローチのスタイルで人気を得た。ジャスティン・ビーバーの "Sorry" のリミックスに参加するなど、幅広い層にアピールすることができるラテンポップミュージックシーンのスター的存在である。
米タイム誌が選ぶ100人2020年
セレナゴメス。
歌手、女優、

両親の離婚、
ループス腎炎、腎移植。
ジャスティンビーバーの元カノ、ビーバーは結婚する.
双極性障害。

4つの障害を乗り越え、歌手料理番組、映画出演、精神病の患者の寄付までする.
不遇な人生を乗り越え、移民をまもる。
アメリカには強い女の子がいます。

米タイム誌が選ぶ100人2020年
アメリカの絵画家
ジュリーメレツ

エクアドル出身。社会的情勢を3Dの絵に表現する。
タイム誌が選ぶ100人2020年。
アンジェラ デイビス。
黒人女性活動家、大学教授、学者。
ブラックパンサーで活動していて牢屋に入れられた時、ジョン レノンと親オノヨーコが助けを求めて有名になった。この度再び「Black Lives Matter」 (黒人の命は大切)で再び脚光浴びる。ラッパーとしても活躍中。
タイム誌が選ぶ100人2020年
フェリペ ネト
ブラジルのYoutuberユーテューバー
32歳、42,000,000人のサブスクライバーを持つ。政治的な力を持つ。
前のリーダーがCOVIDー19(コロナ)の死者をたくさん出した.