リウマチよもやま話

米タイム誌が選ぶ 2020年の100人。
ヌリー ターケル
ウイグル出身の米弁護士.人権擁護活動家。
大学でアメリカに渡って弁護士になる。母国ウイグルのために戦っている。ウィグルと言う国は中国の横にあり、中国に占拠されている。女性はレイプされ、男性は奴隷で中国の工場で働かされている。中国によって人権を搾取されている国である。
米タイム誌が選ぶ 2020年の100人
アリシア ガーザ 
パトリッセ キュロー
オパール トメティ

Black lives matters (ブラック ライブズ マター) 「黒人の命でも大切じゃ!」の創始者。コロナ禍で全国に広がる。黒人男性の収監率はめちゃくちゃ高い。なんとかせねば。トランプ禍で全国的に激しくなった。
タイム誌が選ぶ今年の100人2020
シスターピメンテル。
カトリックの尼僧。

トランプ時代にメキシコから渡ってくる移民を一生懸命保護した。その数10万人ありがとうございます。
タイム誌が選ぶ今年の100人2020

ビリー・ポーター

キンキーブーツローラを演じてエミー賞(ミュージカルの賞)を受賞。
タイム誌が選ぶ今年の100人2020

ビリー・ポーター

キンキーブーツローラを演じてエミー賞(ミュージカルの賞)を受賞。
Time magazine person of the year 2020
アルシ ウンダ
メキシコの女性活動家。3月9日にメキシコ女性のストライキを行った。
タイム誌が選ぶ2020年の100人

エミー オサリバン
コロナ患者を初めて看護したナース。
3月の初めに死亡。
オサリバンも感染した。
タイム誌が選ぶ2020年の100人

エミー オサリバン
コロナ患者を初めて看護したナース。
3月の初めに死亡。
オサリバンも感染した。
タイム誌が選ぶ2020年の100人

エミー オサリバン
コロナ患者を初めて看護したナース。
3月の初めに死亡。
オサリバンも感染した。
今日でタイム誌のウーマンオブザイヤーをリウマチの四方山話に連載してきた。人気はないが自分で友達に合ってるような気がした。続けていこうと思ういい案が出るまで。