肺炎ずラブ

肺炎はいえんはリウマチ膠原病こうげんびょうでの命に係わる合併症がっぺいしょうです。
肺炎がリウマチと一緒に出てくるので
「指がはれること(リウマチ)が
肺でも同じことが起こっている」と言えます。

73歳女性関節リウマチ「MTX(リウマトレックス)肺炎と言われた。」

RA(関節リウマチ)で加療中、咳、黄色い痰、微熱。

細菌性(さいきんせい)肺炎ですね。コロナではないですよ。」
53歳女性。関節リウマチと器質化肺炎。2年間器質化肺炎出ていなかったが、先月から胸重苦しい感じ微熱。
「タクロリムスで器質化肺炎治癒と症例報告しようと思ってたのに。」
3度目の器質化肺炎。
73歳男性

関節リウマチ
免疫抑制剤を併用して炎症反応良くなってきていた。しかし息苦しさを師匠に来院。胸部CTにて早期の間質性肺炎の像。
熱なし。
2020年1月のリウマチ学会誌に、閉塞性気管支炎の概念について書いてある記事があったので紹介します。
「閉塞性」と聞くと、タバコの障害で起こるCOPDではなく、
リウマチ患者さんに起こる一種の気管支炎。
リウマチだけにかかわらず、
有毒物質の吸引、
シェーグレン症候群、
肺幹細胞移植、
などに伴うものもあり、必ずしも喫煙者ではない。

閉塞性気管支炎は、気管支の破壊像の初期段階の共通の通過点であり、明確な臨床名(病名)ではなさそうである。

なるほど、病因はいろいろあるのだなあ。
44才女性
気管支喘息。
「子供がコロナで家にいて休めん。」

肺炎
「コロナではなく細菌性ですね。」
76歳女性

関節リウマチ+気管支拡張症。

エリスロシン100mg

これでも風邪をひく時あるよその時はご相談くださいね。エリスロシンは喉の炎症を抑えて外界から細菌が入らないようにしているんですよ。

先生の中には吸入ステロイドと言う人もいる。
60才女性。
気管支拡張症
「東京で手術受けました。」
レミケードの点滴中咳。
67歳女性
肺のCTにて、右上肺野に腫瘤。
→肺ガン、悪性リンパ腫、真菌症が考えられます。→気管支鏡。→膿瘍でした。

「15歳から吸いよるよ。」
60歳男性。階段の登る時きつい。CTにて軽度の穴の空いたような黒い模様が見えます。
COPD(慢性閉塞性肺疾患)〜タバコを吸う人の肺は、煙にさらされて黒くなり、慢性の炎症が起こっているため空気を取り込むところの肺胞が壊れて、破けています。まずはタバコをやめましょう。そして薬物療法、呼吸筋を鍛錬。

"I cannot stop smoking.  I smoked from 15 years old.,



COPD  chronic obstructive pulmonary disease.
patients who be been smoking for a long time, was diagnosed COPD.
who cannot reverse pulmonary function after medication.
its not reversible but, anyway stop smoking, medication and rehabilitation.


 

73才女性。4年間、リウマチ性多発筋痛症で治療中。ステロイド剤と、MTX(メソトレキセート)
夏にお風呂で転倒。

胸部CTの所見。
①左上葉 充実性結節(肺ガン)
②右中葉腺癌(肺ガン)
③癌性腹水、癌性腹膜炎→麻痺性サブイレウス。(肺がん腹膜転移)
④脳髄膜転移(肺がん遠隔転移)

→緩和ケア

MTX(メソトレキセート)は発がん性あり。
リウマチ性多発筋痛症は肺ガンを8%合併する。他のガンも含めて、21%合併しやすい。

リウマチ性多発筋痛症は傍腫瘍症候群(paraneoplastic syndrome)といえる。

73y.o. Female was treated Polymyalgia Rheumatica for 5years with MTX and steroids.
on summer day, she fell down in the bathroom.

chest CT showed,

1.left upper  lung cancer
2.right middle lung cancer
3.peritoneal metastasis of lung cancers.
4. brain metastasis of lung cancers.  



→conservative care

 Polymyalgia Rheumatica complicates the lung cancer in 8%.
it complicates various cancers in21%.
itmay be said to be paraneoplastic syndrome.
thanks.


1,