Dr.じゅんこより

2019年03月16日
聖路加国際病院(せいろかこくさいびょういん)リウマチ膠原病セミナーに参加

聖路加国際病院のリウマチ膠原病セミナーに参加しました。

血管炎がたくさん来ている病院なんですね。年始年末も忙しかった様です。アジアの重鎮が来院されます。
緊急の対応が早く、薬の使い方も洗練されています。

特別公演、沖縄琉球大学の病院長。呼吸器の藤田先生。
私たちのために噛み砕いて、消化できる話をしていただきました。

器質化肺炎と、間質性肺炎の違いを丁寧に話されました。
どちらも肺胞上皮細胞の障害だが、リンパの分布の多いところに発症するが、器質化肺炎は軽い。

風呂好きに、非定型抗酸菌症多い。(別の先生)(smile)

ありがとうございました。

2019年03月12日
開院10周年記念 当院主催「膠原病教室」

3月23日土曜日 午後2時
海峡メッセ 会議室804号で
「膠原病教室」を行います。

川田じゅんこクリニック 川田順子講演
「自己免疫について」

奮って御参加ください。

写真はワシントン大学のリウマチ科 マークウェーナー先生の動画。

2019年02月23日
第28回泌尿器科分子細胞学会

昨日から海峡メッセで行われている様です。
子供を駅まで送るときに見かけました。

松山先生主催。相変わらず頑張っておいでです。

2019年02月10日
名古屋中京ろうさい病院リウマチ膠原病スプリングセミナー

今日は名古屋に勉強に。

毎日の実地医療から、Americaの最新情報。

メソトレキセート、サーカディアンリズムとリウマチとの関係、ips細胞、薬剤アレルギー、好酸球、免疫抑制剤とバイオ、抗リン脂質抗体症候群、関節の構造、環境と免疫と病気、経営学。

たくさんの若い人たち、楽しい話ばかり。二つ質問してどちらも採用された。こんなにひとがいるのに?

スピーチは練習しないとなかなか上手くならんね。デールカーネギーの「話し方入門」を今読んでます。

2019年02月03日
明治維新発祥の地 下関

もうすぐ東京からお客さんが来るので、
下関を案内せんといけん。
ここで、もう一度「明治維新の勉強。」
投資のつもりで、観光タクシーに乗りこみ、いざ長府へ。
功山寺→歴史資料館→長府毛利邸→湾岸、唐戸。日清講和条約記念館→ヒストリックビルディング。
2-3時間みっちり勉強して結構ヘトヘト。

高杉晋作、坂本龍馬、西郷隆盛、DVDや大河ドラマを見直そう。

写真は毛利邸のお雛様。


2019年01月19日
第4回いたみの集い「マインドフルネス」

今日は今熱い言葉『マインドフルネス』について、
話し合いました。
まず幸せについて、自分の幸せとは何か。

地位やお金は幸せには関与しません。あっという間に慣れてしまうから。継続的に幸福感が刺激されないと幸せを感じられなくなります。

マインドフルネスは仏教から引き出された概念で、「今の自分でオッケー」「自分が好き」。自己肯定感とも言われます。自己肯定感が低いと対人関係でギクシャクします。自己肯定感が低いと悪です。
「心ここにあらず」の反対で、過去を悔やんだり、未来を不安に思ったりせず、今の自分にフォーカスをおきます。
とにかく自分のなかにある、自分の劣等感を歌い上げている、テープを消すことから始めます。瞑想とも言えます。

マインドフルネスは、親子関係、ダイエット、キャリア、ガン患者のトレーニングになどに使われます。どうか自己肯定感を育てて、幸せを自分で掴みましょう。

2018年1月12日
レントゲン研修会 in 当クリニック

インフルエンザの蔓延する今日この頃、診療終了後に
新年からレントゲン技師さんを招いて
レントゲン研修会を開きました。新しいスタッフも真剣に質問。
胸の写真の撮り方、腰の写真の撮り方を特に習いました。

2018年12月26日
遺伝子診療部のカンファレンス

同級生がいる、山口大学遺伝子診療部のカンファレンスに行ってきました。患者さんで常染色体優性遺伝の疾患を合併されている方がいるので共同で検査をするためです。

3年前から新しい教授が来られています。常染色体優性遺伝の疾患を診療するガイドラインが出ています。勉強になります。

2019年01月01日
日曜祝日当番医(インフルバーストアウト)

本日下関北浦地区、日曜祝日当番医。

来院者数ー69人
インフル検査人数-53人
インフル検査陽性ー29人(全員A型)

でした。


2018年12月2日
全国中央教育研修会大阪大会@千里ライフサイエンスセンター

リウマチの研修会に、大阪に行ってきました。
講師の女の先生に、ゴティバのチョコレートを持って行きました。

7時間にも及ぶ研修の中で 、プレゼンテーションは

伝えたいメッセージ
聞こえやすい声、
見やすいスライド

というのが大事だなと思います。

ステロイドの副作用の骨壊死は、まだ予防法がない。
タクロリムスとシクロスポリンは腎障害に使っていい。
SD-OCT(スペクトラルドメイン光干渉断層計)がある眼科でヒドロキシクロロキンの副作用をチェックしてもらう。

というのを習いました。