山口県西部医学会 特別公演 永野浩昭教授│Dr.じゅんこより

2019年10月19日
山口県西部医学会 特別公演 永野浩昭教授

学会の特別講演、

山口大学消化器外科教授になった大阪人、
永野浩昭先生が山口県のがん診療の厳しい現場について話されました。


そこで川田順子の質問
「下関ではたくさんの消化器の先生がいらっしゃって誰が何を勉強していたか私は知っているので、いつも助けていただいております。しかし患者さんの流れは違っていて人気.や風評で動いている.......」

永野教授
「人間関係なのでそれはあります。乳腺外科では一人に患者さんが集中することがあります。」

ありがとうございました。